×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マンション投資


マンション投資はある程度の資金を用意すれば購入できるため非常に活発になってきています。不動産投資の中でももっとも敷居の低い投資かもしれません。

不動産投資物件のターゲットをマンション投資に向ける人が増えています。それほど多額の資金が必要ないことが人気なのでしょう。しかしマンション投資は気をつけたほうがいいことがあります。なぜならば、マンション投資はその投資額の大半を減価償却してしまうマンションという建物に投資することをいうからです。

不動産投資物件としては投資用マンションは適さないといったほうがいいかもしれません。建物は毎年減価償却され価値が無くなっていきます。10年後にいざ売ろうとしても購入価格の良くて60%ぐらいの価格しか付きません。しかも再度不動産投資物件を購入しようと銀行に融資を申し込んでも、この投資用マンションは担保価値がほとんど認められない可能性が高いです。

不動産投資物件を選択することはなかなか難しい作業だと思います。ただでさえ自宅の購入よりも高額な買い物になることもありますし、月々のローン支払いも半端ではありません。ただそれを毎月の家賃収入だけで返済できるようになり、諸費用も家賃収入で飲み込めるようになったら、その投資は成功したといえるでしょう。
不動産投資物件では土地付き中古アパートが良いと申し上げましたが、それではマンション投資はどうなのでしょうか。